株式会社アイ・セプト インターネット戦略支援 / マーケティングリサーチ / システム開発 / ITツール販売

WEBサイト制作 Webコンサルティングなら名古屋のアイ・セプト

ニュースリリース

【調査事例】ビジネス情報源としてのSNS利用状況

20~50代の男女479名に対し、ビジネス情報源としてのSNS利用状況に関するアンケート調査を実施しました。※

調査結果
ビジネスにおける主な情報源は圧倒的にWEBサイトから

ビジネスにおける主な情報源について聞いたところ、「WEBサイト(電子版の新聞・本・雑誌含む)」が65.1%、「同僚、上司、後輩」が43.8%、「テレビ」42.4%、「本、雑誌(電子版除く)」が38.8%となりました。

■ビジネスにおける主な情報源

ビジネスにおける主な情報源

SNSでビジネスに使える情報を入手している

ビジネスにおける情報源として利用しているアプリは「ニュースキュレーションアプリ」66.4%、「SNSアプリ」59.9%、「新聞や雑誌などの公式アプリ」57.2%となりました。SNSアプリの中では「LINE」「Facebook」「Twitter」の順で利用しているようです。

■ビジネス情報源として利用するSNSアプリ

ビジネス情報源として利用するSNSアプリ

シーンによってSNSアプリを使い分ける

利用しているSNSは「LINE」「Facebook」「Twitter」の順番でした。しかし積極的に情報を収集する場合や発信する場合の利用するSNSアプリとなると「LinkedIn」「Eight」が多くなり、すぐ使える情報や機能が好まれることが分かりました。
「LinkedIn」とは:ビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス
「Eight」とは:名刺アプリ

■情報源、情報発信源として利用するSNSアプリ

情報源、情報発信源として利用するSNSアプリ

※ジャストシステムの独自調査結果

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクス

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクスはこちら

リサーチアナリティクスは、ネットリサーチ(市場調査)の経験がなくても、弊社のトータルサポートを通じて、安心して始められるサービスです。
全国約100万人のモニターに向けて行うインターネット調査、全国約70万人のモニターから対象者を絞って行うインタビュー調査など、さまざまな調査方法でお客様にニーズにお応えしています。

市場調査についてのお問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ戻る