ニュースリリース

【調査事例】コンテンツ視聴に関するアンケート調査を掲載しました。

全国に存在する15歳~69歳の男女600名に対し、『コンテンツ視聴に関する実態調査』を実施しました。※

調査結果
人気のコンテンツは「動画」、「製品のレビュー」、「HOW-TO」

どのようなタイプのコンテンツを閲覧することが多いか(複数回答可)について聞いたところ、「動画」が44.4%で最も多く、続いて「製品のレビュー」の41.8%、「HOW-TO(問題解決の方法を紹介したもの)」の30.6%という結果となりました。

■閲覧するコンテンツのタイプ

閲覧するコンテンツのタイプ

10代の半数近くがスマートフォンでコンテンツを閲覧

インターネット上のコンテンツを閲覧する主なデバイスについて聞いたところ、75%以上の人が「パソコン」と回答しました。しかし10代、特に女性では62.5%の人がスマートフォンでコンテンツを閲覧しているという結果が出ています。

■コンテンツを閲覧するメインデバイス

コンテンツを閲覧するメインデバイス

読みたくなるコンテンツの条件は「タイトル」と「読みやすさ」

読みたくなるコンテンツの条件(複数回答可)について聞いたところ、最も多かったのが「タイトルがわかりやすい」の44.8%でした。続いて「ひとつの段落が適度な長さである」の32.8%、「文字の大きさが適切である」の31.9%という結果となりました。

■読みたくなるコンテンツの条件

読みたくなるコンテンツの条件

宣伝色の強さが、コンテンツが最後まで読まれるかどうかの分かれ目に

広告や記事を読んで興味を持ったリンク先が下記のようなページだった場合の反応について聞いたところ、リンク先が「興味深く役に立つ内容」であっても「宣伝色が強い」とすぐに離脱してしまう傾向が見られました。逆に宣伝が一切ない場合は最後まで読まれる可能性が高くなるという結果となりました。

■コンテンツのタイプ別の行動

コンテンツのタイプ別の行動

※ジャストシステムの独自調査結果

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクス

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクスはこちら

市場調査についてのお問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ戻る