ニュースリリース

【調査事例】SNSの利用実態調査

事前の調査で「スマートフォンを利用し、SNSを使っている」と回答した15歳~59歳の男女550名に対し、『SNSの利用実態調査』を実施しました。※

調査結果
SNSサービスのシェアはLINEが他を圧倒

現在利用しているSNSサービスについて聞いたところ「LINE」が74.5%ともっとも多く、43.1%の「twitter」、42.7%の「Facebook」に大きく差をつける結果となりました。

■現在利用しているSNSサービス

WEBサイトのスマートフォン対応状況

75%の人がLINEを「毎日起動する」

1週間のうちLINEを起動する平均的な回数について聞いたところ、「毎日起動する」という回答が75.5%、「1週間に4~6日程度」という回答が11.3%と、9割近くの人が1週間のうち半分以上LINEを起動している結果となりました。

■1週間のうちLINEを起動する回数

スマートフォン最適化の方法

LINEを利用している多くの人が複数の公式アカウントをフォロー

現在フォローしているLINEの公式アカウント数について聞いたところ、LINEを利用しているほとんどの人が1個以上フォローしている結果となりました。さらに「10個以上」と答えた人が38.7%でもっとも多く、LINEユーザーに公式アカウントがかなり浸透していることがうかがえます。

■フォローしている公式アカウント数

スマートフォンアクセスの割合

公式アカウントが企業や店舗の重要な情報発信の場に

フォローしている公式アカウントの投稿に対する反応について聞いたところ「スタンプをダウンロードした」が66.2%でもっとも多いですが、「クーポンを利用して購買した」「キャンペーンに参加した」「セールに行った」など実際の購買に結び付くアクションに至るケースもかなりの割合で見られる結果となりました。

■公式アカウントの投稿に対する反応

スマートフォンアクセスの増減

※ジャストシステムの独自調査結果

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクス

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクスはこちら

市場調査についてのお問い合わせはこちら

一覧へ戻る

一覧へ戻る

ページトップへ戻る