ニュースリリース

【調査事例】新興SNSの認知・利用実態調査(2017年4月)

15~69歳の男女1100名に対し、次の3つのSNS「Snapchat」「SNOW」「Mastodon」の認知・利用に関するアンケート調査を実施しました。※

調査結果
「Snapchat」は流行に陰り?

「Snapchat」の利用状況について聞いたところ、「現在利用している」と答えた人は全体で2.9%に留まりました。また、「以前利用していたが今は利用していない」と答えた人が「現在利用している」人を上回っており、利用者が減少傾向にあることがうかがえます。

■「Snapchat」の利用状況

「Snapchat」の利用状況

10代女性からの圧倒的支持を集める「SNOW」

「SNOW」の利用状況について聞いたところ、「現在利用している」と答えた人は全体で13.6%という結果となりました。しかし、10代の女性に限定すると74%と、非常に高い利用率となっています。

■「SNOW」の利用状況

「SNOW」の利用状況

これからどうなるか注目の「Mastodon」

「Mastodon」の利用状況について聞いたところ、「現在利用している」と答えた人は全体で2.7%という結果になりました。ただ、「このサービスは知らない」と回答した人が78.5%を占めているため、今後の認知拡大によっては利用者が大幅に増加する可能性も秘めています。

■「Mastodon」の利用状況

「Mastodon」の利用状況

※ジャストシステムの独自調査結果

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクス

完全サポート型 市場調査サービス リサーチアナリティクスはこちら

リサーチアナリティクスは、ネットリサーチ(市場調査)の経験がなくても、弊社のトータルサポートを通じて、安心して始められるサービスです。
全国約100万人のモニターに向けて行うインターネット調査、全国約70万人のモニターから対象者を絞って行うインタビュー調査など、さまざまな調査方法でお客様にニーズにお応えしています。

市場調査についてのお問い合わせはこちら

一覧へ戻る

ページトップへ戻る